カードローンで多重債務になる人の特徴とは

多重債務者という言葉を見聞きした人も多いと思います。少し前にカードローンの多重債務者が返済を苦に自殺する事件が多発し、社会問題にもなることで現在の総量規制という法律が制定された経緯もあります。
c5
総量規制とは年収の1/3までしか借りることができないという法律なのですが、その法律が制定されたからといって多重債務者がいなくなったわけではありません。多重債務者にもいろいろなパターンがありますが、多くは1社から借りて上限金額まで借りてしまい、増額申請をしなかった。またはしても審査に落ちてしまったなどで、他社のカードローンに申し込みを行うという形です。

複数の金融機関からお金を借りること自体、借りた本人にとってもいい状況でないことは理解しているはずですが、背に腹は代えられず借り入れをするという流れです。ただ、借り入れが3社にまで増えるといろいろな問題がおきてきます。まず借りている会社が違うため、返済期日や返済方法なども異なります。
c6
そうなるとどの会社にいくら払えばいいのか。とか、あとどれだけ借りることができるのか。というような基本的なことがわからなくなってしまう状況に陥りやすいのです。人はどうしても厳しい現実から目を背けてしがいがちです。そうなると新たにお金を借りるということに感覚が麻痺してしまいます。頭の中はどうやって返済していこう。ではなく、どういう方法をとれば新たにお金を借りれるか。と借金をすることに罪悪感が無くなってしまうのです。

そうなってしまうと自分の返済能力を超えてしまう場合もあるため最悪の結果を招く可能性もでてきてしまいます。こうした状況におちいったときに必要なのは、まず冷静にお金を新たに借りないようにするための方法を考える必要があります。お金を借りなければ借金は増えません。単純なことなのですが、これができない人は次々にお金を借りて借金が膨らんでしまうのです。支出を抑えて支払いに回す。これがカードローンでお金を借りたときに一番必要なことなのです。