カードローンの限度額の増額申請は慎重に

ネット系銀行のカードローンを利用し始めて3年。その間にクレジットカードのリボ払い分をカードローンに借り換えて一括返済したり、生活費の為にと借入を続けてきた結果、300万円の限度額が近づく程の借入残高となっていました。
返せる時に増額返済など一切せずに、まるで財布のように「無ければ借りる」が当たり前になっている状態であったのが正直なところ。
c19
もう「あと数ヵ月もしたら限度額にぶち当たってしまう」。そんな不安感から、ネットのマイページにあった「増額申請」のアイコンをクリックしてしまったのです。
経験談から言うと、この増額申請には非常に高いリスクが伴うということです。増額申請に対しての審査は、新規の申込みと変わらない厳しい審査が行われます。振り替えって冷静に考えれば、そもそも当初の限度額は、当時の属性から判断された金額であり、それを超える有利な属性の向上か、優秀な返済実績が見られない限り「この人にはもっと貸出しても大丈夫」という判断材料にはなり得ないのです。

毎月の返済が滞ったことはありませんでしたが、毎月確実に増え続ける借入、また会社の都合とはいえ、グループ企業内で勤務先の移動がある状況でした。
増額申請をした数日後、利用していたネット系銀行カードローンの審査担当から携帯電話に連絡が入りました。質問の内容は、勤務先の変更についてです。
「会社都合でのグループ企業内の移動」であることや、会社からは勤続年数は継続されると説明があったことなどを必死に説明しましたが、ネット系銀行が下したのは「転職」扱い。前年の移動により「勤続1年未満」の属性となってしまったのです。
増額申請は再度審査を受けることとなり、結果「出金停止」という返済のみの契約となってしまいました。現実問題、勤務先の移動が無かったとしても、借入残高が増え続けている状況からも審査が通ったとは思えません。
c20
幸い、別の消費者金融系のカードローンの契約がありましたので、なんとか生活は続けられていますが、総量規制から限度額が抑えられているカードローンですので、この先を考えると不安でなりません。
カードローンの限度額審査は、容易に叶えられるものではありません。自分の属性の変化や借入実績・返済実績などに相当有利な条件が揃わなければ叶うものではないと考えた方が無難かもしれません。