金利の設定が予想より違って大変だった

指定されている範囲で、カードローンは金利が設定されることになりますが、本来ならその金利の範囲で、理想とされている数字が決められており、会社側もそれを適応してくると思われています。しかし最近は、とにかく金利から利息を回収しようという動きも出ているので、予想より高い数字になってしまうことも結構多いのです。これに気づかないまま利用していると、どんどん返済額が増えていることがわかっており、他にもっと低い金利を持つカードローンがあることを知ることになります。
c7
私も同様の状況の陥り、金利の設定が予想より大きくなっていました。流石に一番最大の数字が適応されるとは思っていなかったのですが、利用限度額がある程度大きくなっていたのに、金利は一番高い数字にさせられてしまったのです。一体どうしてこうなっているのかがわからないのですが、どうやら金利設定ラインが決められていて、そのラインを超えていない人は全て一番高い金利設定になるようです。

大金を借りたいと思っても、最大金利で借りることになるので、1万円ならいいものの、100万円借りたらそれで破産する可能性も出てしまいます。流石に高額な利用はできないと判断して、あまり高くならないように調整はしていました。まるでキャッシングで低金利のものを使っているような、それくらい小さい額しか利用できなかったのが厳しかったです。予想より大きな場合は、カードローンの利用を考え直さないと駄目かなと思っています。
c8
今後はこうしたカードローンも増えてくると思いますし、もっと金利の設定が細かくなっていて、自分が知らないところで数字を調整されることがあるかもしれません。なるべく小さい金利のところに相談しながら、カードローンを利用できればいいと思っています。最近は地方銀行のカードローンが、比較的低金利で借りられることもあるようです。

カードローンの分割払いはメリットとデメリット

カードローンという言葉はよく聞くと思いますが、実際にはあまり馴染みはないのではないでしょか。
c10
筆者もクレジットカードのキャッシング機能は利用したことがありますが、カードローンを実際に利用したことはありません。
そもそも、カードローンはキャッシングとどう違うのでしょう。
カードを使ってお金を借りるという部分ではカードローンとキャッシングに違いはありません。主な違いは金利と返済方法です。

金利については、クレジットカードのキャッシングなどは固定金利となっていますが、カードローンについては各社が様々なサービスを提供しており、低金利や金利ゼロ期間など利用の仕方によってはキャッシングに比べてお得だと言えます。
そして返済方法については、キャッシングは一括払い、カードローンは分割払いが基本です。

このため、クレジットカードのキャッシングなどは少額の借入について手軽に利用することができますが、まとまった金額の借入を必要とする場合には返済が困難となってしまいます。カードローンであれば、まとまった金額を借り入れしても、返済が分割となるので、無理のない返済内容であれば支障ありません。

しかしながら、この分割払いがカードローンの落とし穴とも言えます。カードローンは基本的に限度額が設定され、その限度額の枠内であれば、先に借入をした分の返済を完了しなくても何度でも借入をすることができます。一度カードを作ってしまうと非常に手軽に借入をすることができるのです。このため、カードローンを一度利用すると長期間にわたって利用し続けてしまいがちになり、また手軽に利用できることから借金をしているという意識が薄れてしまい、あたかも自分の口座から引き落とす感覚で借入をしてしまうケースもあります。

しかしながら、返済が一括ではなく分割であるから少額ずつで問題ないとはいえ、借入額が増えていくにしたがって毎月の返済額も増えます。そして借入が増えていくほど返済期間も長くなります。支払う利息も増えるため返済する総額もかなりの金額となってしまいます。
c9
そしてカードローンを利用しないことには返済も生活も出来なくなってしまい、自己破産を選択せざるを得ない状態になる可能性もあります。
カードローンのメリットである分割払いがデメリットにもなり得るのです。

カードローンは手軽で便利に借入ができ、また分割払いのために無理のない返済をすることができます。しかしながら安易に利用をすることによって大きな借金を抱えてしまう可能性があります。
自分の収支に合った返済計画をたて、また借入額を常に把握し、賢くカードローンを利用して下さい。